SSブログ

11月のMVP賞! [月間MVP]

 

   17歳にして、5軒目の家へ引越しとなった、我家の大将・ろん

 

 

  

          甲状腺の薬など、4種類も飲まされているけど・・・・・・

 

 

  

      ちいお気に入りのパパ枕を取っちゃうほど、元気にしてくれている

 

 

  

             新しい家での過ごし方も、余裕たっぷり?

 

 

   小さめの隣の枕も試してみたり

 

 

 

   前の家の時より行動的になったかも?

 

 

 

    いきなり全力『廊下ダッシュ』して、ビックリさせたかと思えば・・・

 

                    ついには・・・・・・

 

 

 

  

                いつの間にか、タワーの『ハウス』も制覇

 

 

  降りる時だって、結構余裕?

 

 

    食欲まで増して、引越し前より活発になったのは、故郷(17年前に出会った公園)の近くに戻ってきたからなのかな

 

 

 

 

  

      新しい居場所がどんどんできても、ずっとみんなの中心にいてね

 

                  というわけで、11月のMVP賞は、大将ろんでした

 

 

 


nice!(10)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

添い寝担当・・・その後! [猫たち]

 

  愛用のパパ枕を、ろんお兄ちゃんに取られたりして、ちょいとイジケ気味だった、ちい

 

 

        先日の記事で、添い寝担当・ちいへの応援を皆さんにいただいたので・・・・・・

 

                        本日は、その後の彼女の活躍ぶり?をご紹介

 

 

 

 

  

                  あ、こんなところで発見

 

 

 

 

   ちい: あたし、負けないもん

    ・・・・・・そこは、パパの脇の中・・・だよね?

 

 

 

 

  

          ちい: ここならお兄ちゃんには取られないわ うふ

 

    しっかりタオルケットに潜り込んでの添い寝・・・・・・ めげない性格のちいなのでした

 

 

 

 


 

 

        閑話休題。

 

 

    11/20は、その馬雀オヤジの誕生日だった。

          まっっ、ちょっとスゴイ年齢になったわけなのだが、それはさておき。

 

 

            誕生日と言えば・・・ 昨年はこんな風になっていたりしたのだけど・・・

 

    今年は、先日の記事のようにすでにモテモテなので、今さらプレゼントも無いかな~と思いきや、やっぱりネコたち、がんばっちゃった?ようで

 

 

 

              舞台は和室

 

  まだコタツを出していないので、座椅子を倒して薄い布団を被る馬雀オヤジ。

 

 

 

  

         布団を被ってから3匹乗るまで、早いことったら・・・

 

 

 

 

  

            大将: 「ひとり、揃わないんだけど

 

 

 

 

  

  やっと揃った皆さん。 合計約23kg、重みのある?プレゼントだね~

  

 

 

 


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

深海魚、食べに行こう! ≪3≫ [国内の旅]

 

  遅れに遅れた、西伊豆の旅・レポートの最終回

 

        宿での朝食は、意外にも和食系・・・これはペンションでは初めてのこと

 

 

  

          こんな感じ。 旅館に泊まらない我々には逆に新鮮かも

 

 

   食堂はこんなに天井が高い

 

 

  前回は、見えている海まで歩かなかったけれど、急な坂道を覚悟すれば、往復に30分あれば行けるとのことで・・・

 

      チェックアウトまでの時間を利用して、下りてみることにした。

 

 

   宿の隣にはアロエの群生も。

 

    急な坂道は、帰りが怖いけど、行きは結構早く海岸に着いてしまう

 

 

 

  

        沖をゆくのは、戸田から土肥に向かっているホワイトマリン号。

 

 

 

   

      砂浜じゃなくて岩場だけど・・・ 何か動いたのは?・・・・・・ カニさんでした

 

  

            ・・・・・・でも、ゆっくりはしていられない

 

 

    我々にとって、チェックアウトの時間よりもっと大事な?土肥行きバスの時間が迫っている

 

  実は、行きに寄った戸田方面行きのバスは午後まで無いので、そっちへ戻ることはできず、強制的に土肥へ進むしか、帰る方法はない

            (↑ これは前回学習済みなので、今回は驚かず)

 

 

    お世話になった宿のご主人に、『車』以外の手段で来る客はどの位いるのか尋ねてみたら・・・ 「100組に1組ぐらいですね~」 と、あっさり。。。

 

 

 

   戸田にゃんズ、またね

    懐っこい『あのコ』は、今朝は見当たらず・・・・・・残念

 

 

 

   バス停ではこんなクモさんがお見送り

 

 

 

        さて。

 

  バスは土肥行きだが、一番の観光地・土肥金山へは、前回もう行ってしまっている。

 

 

              ・・・ので・・・・・・

 

  直前にネットで調べた観光施設?へ行ってみようと、終点より少し手前の停留所で下車。

 

   写真はダメなので、チケットのみ紹介。

  お漬物の特許で財を成した社長が個人的に集めた、主に中国の芸術品の数々の展示。

 

    象牙は現代では獲るのはもちろん、使ったり輸入することも認められないけれど、親子3代で彫り続けたというような中国の職人の技まで否定することはできない。

            実際、私設の美術館としてはちょっとびっくりするほどの内容だった。

 

 

 

               でもでも・・・

 

    ここに来た本当の目的は・・・・・・ 別な所(美術館の裏山)にあったのだった

 

 

 

   じゃ~ん

  この旅行時はまだ10月半ばで、実はみかん狩も始まったばかり。

 

 

  

  「甘い樹を見つけたら、その樹に取り付いて食べるのがコツ」と、アドバイスを貰ったけれど、10コ食べて甘かったのは1コだけで・・・

                時間制限無し・食べ放題でも、あっという間にギブアップ

 

 

          口も手も酸っぱくなったところで、土肥の中心部まで、てくてく歩く。

 

    土肥からは修善寺行きのバスが出ているので、行きとは全く違うルートで帰れる。

 

 

 

 

              いや、だが、しかし。

 

 

  皆さん、食いしん坊な2人が昼食を食べずに旅を終えるはずがないと、お思いのはず

 

 

        はい、バスにはちゃんと乗って・・・しっかり途中で降りましたとも。

 

  普通、『マイカー』での旅じゃなければ縁が無いはずのドライブイン・グリーンヒルで。

 

      山の中の小さなドライブイン、でも地元の大木乳業直営店だったりするので・・・

          乳製品(ソフトクリームとかプリンとかetc)が美味しいらしいのだが・・・・・・

 

 

 

                極めつけは、コレ

 

  

                      牛乳ラーメン

 

    ラーメンメニューの一覧にスープの種類が3つあって、「しょうゆ・みそ・牛乳」・・・と。

        これがクチコミ通りで、ドライブインらしくないような、ちゃんと食べさせる麺なのである。

 

              牛乳というよりは豚骨を思わせるような・・・でも、ほのかに牛乳の香り。

                      全くゲテモノではなく、また機会があったら食べたい味

 

 

    もうひとつのここの名物・椎茸をたくさん混ぜ込んだ『椎茸コロッケ』も食べたのだが、デジカメの写真がここで枚数オーバーになり、撮影できず。

 

 

        実はここ、あなどれないドライブインで、裏手では椎茸狩りもやっていたりする。

  それもやってみたかったけれど、10月中旬開始のはずが遅れていてこの日は体験できなかった

 

 

    牛乳屋さん経営の店らしくソフトクリームも人気で、車を停めて食べて行く人も多い。

          写真はないけど、もちろん、食後にしっかり『桜葉ソフト』をいただいた

 

 

  あとは、お土産に買って帰ったけれど、家で写真を撮るのも忘れて食べちゃった『君だけプリン』が、ちょっと高いけれど申し分なく美味だったことも追記。

 

 

 

        以下、自宅用お土産?をちょっと写真で紹介。

 

   

             通販もやっているらしい『君だけプリン』。

 

 

 

   

      初めてクール宅急便を使って自宅に送った、深海魚のメギス

            薄塩なので軽く焼いて皆で味見したら・・・2人と4匹、全員に好評だった

 

 

   

      メギスのすり身(練り物)。           どこにでもあるけど、アジも。

 

 

  以上、かなり時間が経った上に、途中で写真も終わってしまった西伊豆の旅レポート終わり。

                              中途半端でどうもすみませんです

 

 

               


nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

深海魚、食べに行こう! ≪2≫ [国内の旅]

 

  すでに旅行から1ヶ月近く経ってしまい、今更何だかな~と思いつつ、遅れに遅れた第2弾

 

 


 

 

    さて、気をとりなおして。

 

          戸田漁港前から、数少ない土肥行きバスに無事乗り込んだ我々。

 

    極端に本数が少ないのに、乗ってから宿の最寄停留所で降りるまで貸切状態だった

          2年前と変わらず、停留所から宿まで、店はもちろん自販機ひとつない。

 

 

            海側へ下ること7~8分で目的の宿がある・・・

 

                                       のだが・・・・・・

 

 

  

              うっ ・・・・・・ 道の真ん中にいるあんたは ・・・・・・

 

 

  

           2年前にも擦り寄ってくれた戸田にゃんだよね?

 

 

  

      こちらは、ちょいとシャイな戸田にゃんズ。 にも逃げたのがいたね

 

 

 

  

          にゃんズがいたお宅のすぐ下にあるのが、目指す宿

 

 

 

  

    この日はなんと、我々だけの貸切   海側の一番広い部屋を選べた

 

 

 

  

        和洋室なんだけど、西日が強いので、室内はうまく撮影できず

 

 

 

  

                内風呂も、もちろん海に面していて・・・

 

 

 

  

        離れになっている露天風呂は、日暮れの時間に入るのが一番

 

 

 

  

            宿ごと貸切?なので、西伊豆名物の夕日も気兼ねなく

 

 

◆◆

 

 

  

        前菜にも、深海魚のめぎすが登場。 他はもずく、チキン、キッシュ。

 

 

  

            前回強く印象に残った、イカのシソ巻きも登場 

 

 

   

            サラダ                 鮭・帆立・しめじのホイル焼き

 

 

   

        シーフードのクリームパスタ            挽肉のシチュー

 

  他に、写真を撮り忘れたデザート(杏仁豆腐ラズベリーソース)もあり、その時間帯には宿の奥さんのピアノ演奏のおまけ付き

 

 

  今回は価格重視(7千円位)で、前回のような伊勢海老や舟盛が付くプランにはしなかったのだが、高級食材を使わなくても創作意欲が感じられるメニューで、まずまず満足 

 

 

 

      食後はすっかり暗くなり、もう海は見えないことも承知の上で、再度露天風呂へ。

 

 

 

  

                脱衣カゴの上には、リアルな猫の置物も。

 

 

          ・・・・・・いや待て。 さっきは無かったぞ、そんなモノ・・・・・・・・・

 

 

  

                  ・・・・・・やっぱり、あんた

 

 

      あんまり気持ちよさそうなので、衣類やバスタオルを入れるのは諦めて・・・

            結局このコは、露天風呂に入っている間も出た後も、ずっとこのまんま

 

        毎日来ているのかもしれないけど、猫嫌いのお客さんには気を付けるんだよ~~

 

 

 

 

  

    お部屋の窓の外にもお客さん。 引っ越してから、こういう訪問者は見かけなくなったな・・・

 

                        かくして、静かな戸田の夜は更けていくのだった。。。

 

                              (なかなか更新できないけど、あと1回続く予定)

 

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます